FC2ブログ

拳銃と目玉焼き

雑記
11 /01 2014
西宮クラスが誇る女優"沙倉ゆうの(a.k.aことよ)"の舞台挨拶付きの映画を見に行きました。
場所は梅田イーマにあるブルク7。

夜9時から開催にもかかわらず、100数十席が満席。
これは凄いね。

まずは舞台挨拶。

今回は○ちゃんの尽力により、最前列センターという最高の場所。
傍から見たら、熱狂的な追っかけなんだろうね。
普段のレッスン着とは異なり、真っ赤なドレス姿。
女優だな。

さて、ストーリー。
主役は、さえない新聞配達の中年。
楽しみは、行きつけの喫茶店でユキ(とこよ)の作る目玉焼きを食べること。

そんな中、オヤジ狩りにあっている老人を助けたことから、なぜかヒーローの真似事をすることに目覚めてしまう。
最初はバイク用プロテクターでコスプレするだけだったのが、どんどん増えていき、最後はマスクまで。

また、主人公の憧れるユキには秘密が。
実は彼氏と同棲しており、借金返済のために宅配サービス業をしているのであった。
そんな中、たまたま宅配を依頼したのは、その喫茶店の常連。
夜の仕事がバレたユキは喫茶店をやめてしまう。

借金返済に嫌気が差したユキの彼氏は、働いているオレオレ詐欺の事務所の金を持出してしまう。
一緒に逃げようとしたものの、ふたりともそれぞれ捕まり、彼氏は囚われてしまう。

それを知った主人公は、前述のコスプレを身にまとい、彼氏を救出に行くのであった。

ってのが概要。
正直ことよが出るからって理由で映画を見に行ったのだが、これが面白い。
脚本的にも、勧善懲悪をベースに、出演者の隠れた面が次々に発覚する(清純派のユキが配達の仕事をしている、彼氏がダメな奴と思ってたら実はいいやつ等)など、観客をあきさせない。
随所に散りばめられたコメディな演出や、それぞれの苦悩の吐露等、笑いあり涙あり。

映像的にも8万円のカメラで撮ったとは思えない深みのあるもの。
映画っていいもんだね。

それから、ことよがスクリーン全体に映るってのは凄いもんだね。

また終了後はお見送り付き。
結婚式の二次会みたいだな。

ってな感じで、思いの外、楽しめました。
これはおすすめ。
ぜひ見に行こう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

hide

神戸のストリートダンサーhideのblogです。
レッスン以外に、Dance Jam や Style Jamというイベントを展開しています。