FC2ブログ

歌詞

雑記
05 /24 2017
高校の頃はバンドブームがあり、その頃流行ってたのは日本人アーティスト。
ギター少年であった俺は、ギターでコピーするためにひたすら聴いていた。
その流れで聴いてたのが筋肉少女帯。
ボーカルはあまり気にせず、ギターの音ばかり聴いてた。

その後、1年間寮に入ったんだけど、ギターを弾くことができなかったこともあり、今度は歌詞をよく聴くようになった。
筋肉少女帯は色物バンドと見られがちだが、なかなか深い世界観を持っており、その世界に引き込まれたものだった。
まぁそれを今では中二病というのかもしれないが。
ひたすら歌詞の情景を思い浮かべながら聴いたもんだ。

大学に入ってからは、ダンスがメインとなったため、音楽はビートを中心とした音と捉えるようになり、歌詞を考えることがなくなった。
まぁ英語のためわからないってのもあるけど。

で、今は空前のフリースタイルラップブーム。
俺はR-指定というラッパーが好きなんだけど(隣の駅に住んでたらしい)、その曲を聴き出した。
最初は同じく音として聴いてたんだけど、いつのまにか歌詞の世界観にすっかり魅了されてしまった。
このR-指定は、ラッパーにも関わらず今で言う陰キャラで、ネガティブな感情の吐露が多い。
それが俺の心の琴線に触れたのか、何回も何回も歌詞を中心に聴くようになってしまった。
これだけ繰り返し、歌詞を中心に聴くのは筋肉少女帯以来だ。

さて、どんなのかというと、
例えば「未来予想図」という曲。
今は空前のラップブーム。
これまで冷たい扱いをしていた人が、ブームになった途端、昔から気にかけてたと寄ってくる。
とはいえ、そんなブームも長くは続かない、ブームが去ってからは皆去っていき、手のひらを返すことだろう。
俺を俺たらしめるものは、名誉等ではなく、全てがなくなってから残るもの。
そうなっても、覚悟を決め一からやり直そう。

って感じ。
共感するところもあり、ひたすら聞き入る。
長らく音楽を音として捉えていたけど、こうやって歌詞の世界観を味わうってのもいいもんだな。
このCreepy Nutsはおすすめ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

hide

神戸のストリートダンサーhideのblogです。
レッスン以外に、Dance Jam や Style Jamというイベントを展開しています。